is6comを様々な海外FXと比較

近年では海外FXサービスが数多く見られますが、その中のひとつにis6comと呼ばれるサービスがあります。

運営本社はセーシェル共和国に所在があり、法人登記だけで海外FX業を展開している特徴があります。

2016年に設立されたで比較的新しい海外FX業者と言えるでしょう。

is6comを利用する上で頭に入れておきたいこととして、金融ライセンス登録がなされていないということが挙げられます。

つまり完全無許可営業をしている海外FX業者だということになります。

第三者の機関から監査や規制などを一切受けることなく、自分の企業が作ったルールだけで運営されているのです。

顧客資金の管理はどのようになっているのか、取引き方式がどうなっているのかは全く分からず、ある日突然閉鎖されてすべての連絡が取れなくなるリスクもあることを理解する必要があります。

またあまりにも利益を出し過ぎた場合には、運営に嫌われてしまい、口座を凍結されてしまう可能性もあるでしょう。

これらのリスクを把握したうえで、is6comのスペックをうまく利用するのは一つの手段ともいえます。

is6comを利用するメリットとしてあげられることは、最大レバレッジが1000倍で追証がないこと、5000円から1万円の新規口座開設ボーナスがもらえること、またゲリラ的に100パーセントから200パーセントの入金ボーナスが開催されることです。

おすすめの使い方としては、無登録業者であることを把握したうえで、割り切って付き合うことが求められます。

人生が左右されてしまうような大金を口座に入れることは避けたいところです。

口座開設は自己責任となるでしょう。

これまでに出金拒否などのトラブルの報告もなく、数百万円単位の出金でも迅速に対応がなされています。

おすすめの使い方は、未入金の新規口座開設ボーナスだけでボーナストレードをすること、最悪の場合なくなってもしょうがないと理解して入金ボーナスを使ってアクティブにトレードすること、数十万円の利益や数百万円の利益が出た場合には長期間口座に置いておくのではなく、すぐに出金することなどが求められます。

注意点として覚えておきたいことは、約定スピードが遅いケースがあることです。

通常それほどストレスなくトレードすることができますが、相場が激しく動いている場合には、注文が滑ってしまったり、タイムロスが発生することもあります。

大ロットの注文の場合には、さらに約定しにくくなるでしょう。

超高速なスキャルピングなどには向いていないといえます。

また取引きができるのはFX通貨ペア33種類のみとされています。

ほかのFX業者のように商品や株式インデックスなどでは取引きできないため十分に注意しましょう。

しかしありえないほどの豪華なボーナスキャンペーンが定期的に開催されることは大きな強みです。

さまざまなキャンペーンが新規顧客や既存顧客にかかわらず、かなりの頻度で開催されるので、見逃すわけにはいきません。