is6comを利用する場合におすすめの通貨は

海外のFX業者の中には、is6comと呼ばれるところがあります。

この業者を利用すれば、様々な通貨ペアを利用することができるでしょう。

30種類以上ある通貨ペアの中でおおすめといえるのは、比較的変動が少ないところとスプレッドの幅があまりないところです。

順番に説明していくと、まず通貨に変動はないところは、安全と言う意味においてはおすすめになります。

例えば、日本円とアメリカのドルの通貨は比較的変動が少ないため初心者が投資をするには良い組み合わせといえるでしょう。

もちろん中には、指標発表などで大きく動くことはあるかもしれません。

しかし、海外の通貨に比べるとまだ安定感が高いです。

また、両方の国はそれぞれ国家として安定しているため急激な暴落なども考えにくいといえます。

もしあるとしても、第3国による影響が出るぐらいですが、それでもドルと円の信頼と安定感は世界の中でもトップレベルといえるでしょう。

ただ、可能な限り変動が多い所を利用したい場合には、ポンドが含まれた組み合わせがよいでしょう。

ポンドはEU離脱問題などを抱えておりちょっとした採決で大きく動く可能性があります。

しかも、その採決自体が国家の運命を左右するレベルにありますので、大きな変動が期待できるでしょう。

特に2019年から2020年にかけては今まで以上に大きな動きがある可能性が高いです。

次に、スプレッドを見ていくと、is6comの中でのスプレッドはそのペアによって大きく異なります。

この中で安全性の高いところを選びたい場合には、ドル・ユーロが理想的になります。

1.9pipsしか変動したいことを考えれば、ほとんど損をすることなく取引をすることができます。

日本円が入っていなければ不安と感じる場合には、ドル・円で取引すると良いでしょう。

変動が少ないだけでなく、スプレッドも2.0pipsとかなり低いことが理解できます。

それ以外には、ドル・ポンドなども魅力的になります。

ただ、ポンドの取引をすると変動が大きくなる可能性があるため、その点も考慮しながら選ぶことが必要になります。

ちなみに、is6comでは、大きな指標発表などの時でもそれほどスプレッドは動かず、日本の業者に比べるとかなり良心的なことがわかります。

ただ、会社の方針が変わりスプレッドが指標発表などのように変動が大きい場面で拡大することをも考えられますので、常に情報を把握しておくことが大事なります。