is6comの口座開設方法

2016年から運営を開始した新しい海外FX会社がis6comです。

口座開設や入金で多くのボーナスがもらえるし、最大で1000倍というレバレッジの高さから、興味を持つ人は少なくありません。

そこでis6comでの取引をしようと思ったら、まずは証拠金を入金するための口座を持つ必要があります。

海外の会社でもネット環境さえあれば、口座開設は日本にいながらにして簡単にできます。

口座開設方法について流れを見ていくと最初はis6comのサイトにある口座開設と書かれているところを押して、基本情報を入力します。

基本情報では、登録をする人が個人として行っているのか、それとも法人として登録するのかの区分を始めとして、メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、住所などを入力していきます。

入力する言語はすべて英語ですから、生年月日は日本とは並び順が違いますし、氏名や住所もすべて英語に変換する必要があります。

住所の書き方がよくわからないというのであれば、日本の住所を英語に変換してくれるサービスを活用してみましょう。

本当に変換が正しいのか確認したいのであれば、複数のサービスで変換してみて、それぞれを比較すればわかります。

そして口座のタイプと入金する通貨の種類を設定し、次のステップに進みます。

次に行われるのが財務状況や投資の目的などを答えるアンケートです。

こちらは、口座開設をするための手続きというよりも、is6comが顧客となる人の資産状況を確認するのアンケートです。

簡単に答えられるものですから、正直に書いたほう良いでしょう。

それが終わったら登録したメールアドレスにis6comからメールが届きます。

メールに記載されたURLをクリックすれば、認証ができて口座開設の手続きはひとまず完了です。

ただ、本格的に取引をしたいならば、最後に登録した人の身元を確認する作業が必要です。

そこでデジカメやスマートフォンで身分証明書と住所証明書を撮影して、画像をアップロードします。

身分証明書は自動車の運転免許証、パスポート、住基カード、マイナンバーカードが使えます。

有効期限が設定されている書類は、期限内であることを確認した上で撮影をしなければいけません。

そして住所証明書は公共料金、電話、クレジットカードなどの請求書、住民票が使えます。

こちらは有効期限が設定されてる書類ではありませんが、確実に現在の住所であると証明するためにも、3ヶ月以内に発行されたものを提出します。

書類の提出はログイン後に、マイページから行えます。

本人確認が終われば、あとは取引ができるようになります。