is6comとほかの海外FX業者を比較

is6comは、海外FX業者のひとつで、本社所在地はセーシェル共和国にあります。

2016年12月に設立された比較的新しい業者ですが、法人登記のみ行い金融ライセンスを有していません。

is6comのサービスの特徴には、口座開設時のボーナスが用意されていることやプロ用の口座ではスプレッドが狭く設定されている、最大で1000倍のレバレッジが設定可能で約定力に強みがあり0.29秒以内に99.46%の約定が成立する、マイクロ口座では最低入金額が1ドルから解説ができスキャルピング取引を許可している、建玉は売りと買いの両建て設定が可能、分別管理ができるといったものの他に日本人向けにサービスを提供しているため24時間の日本語によるサポートを受けることができます。

ほかの海外FX業者が提供しているサービスの多くをカバーしているのが違いといえますが、特にis6comを選ぶポイントとしては、口座開設時のボーナスが他よりも優れていることや、プロ口座が用意されていること、最大1000倍といった高レバレッジ、約定力の良さとスキャルピング取引が可能という点です。

特にレバレッジが1000倍を採用しているところは海外FXの中ではそれほど多くありませんから、より少ない資金でFXをはじめることができます。

一方で最大のメリットには、約定力の良さとスキャルピング取引ができることです。

約定力は注文した価格での売買が成立する力を指しますが、これらが発揮されるのは短時間に頻繁に取引をするスキャルピングになります。

この点で、スキャルピングを許可して約定力に強みがあるのは、トレード手法の選択肢が増えるだけでなくより確実性の高い取引が行うことができるものです。

また海外FXでは、国内FXと比較して約定に時間がかかるという傾向にあり、そもそもスキャルピングに向いていないものですが、これらがis6comでは改善されているので選ばれる理由になります。

口座開設時のボーナスは、5,000円と国内FXと比べるとやや少ない金額ですが、国内FXでは達成条件のハードルが高いもので、誰もが利用できるものではありませんが、is6comでは口座開設の条件をクリアしていれば無条件でもらえますし他と比べてもトップクラスですから、その点でもより少ない資金ではじめることができます。

is6comが他社と比較して、悪いという点は金融ライセンスを有していないことで、また信託保全を採用していないことが挙げられます。

それとプロ用口座ではスプレッドは狭く設定されていますが、それ以外のマイクロ口座やスタンダード口座はスプレッドが全体的に広めに設定されているものです。

それとネックとしてはトレードはメタトレーダー4を通じて行いますが、それ以外のトレードプラットフォームが用意されていません。

海外FXではメタトレーダーがトレードツールとして広く使われていますが、たいていは他のトレードプラットフォームが用意されていますが、それが用意されていません。