is6comで初心者が失敗しないために大切なこととは

is6comは、近年台頭してきている海外ブローカーです。

登場当初からキャンペーンの豪華さに注目が集まっており、FXトレーダーの中でも一躍話題の中心となりました。

現在でも、順調に利用者を右肩上がりで増やしています。

そのためまだ創業数年ではあるものの、やってみたいなと考えている初心者の人も多いのではないでしょうか。

しかし初めてのFXトレードとなると、判らないことや不安もいっぱいのはずです。

まず大きな失敗をしないために、大まかな登録の流れから確認しておきましょう。

is6comでは、海外ブローカーながら日本語での対応が充実しています。

公式サイトへアクセスし口座開設をする際も、特に戸惑いを感じることはありません。

口座を開設すると、本人確認書類と住所証明書の提出が求められます。

慣れていない初心者の人はここで慌ててしまうことがあるので、十分注意をしてください。

これらの提出方法については、該当の書類と証明書を写真に撮ってアップロードします。

スマートフォンなどであれば直接撮って送れますが、パソコンを使って登録する人は一度そのパソコンに写真を移さなければなりません。

この作業は意外と面倒なので、スマートフォンがある人は最初からそちらで登録することをおすすめします。

資金の入金は、クレジットカードや銀行送金、ビットコインなどで行うことが可能です。

初心者の人がここで失敗しやすいのは、その取引所でも最低入金額でしょう。

is6comでは最低入金額が50USDとなっており、これは日本円で約5000円に当たります。

つまりこれ以下の金額からではFXトレードを始められないため、予算が5000円に満たない人は他の場所を探すしかないのです。

また入金には手数料が発生し、20000円未満の入金には1500円ほどのお金を別に取られます。

is6comのサイト上でもこの旨は書かれているものの、つい見逃して手数料が掛かったという人はすくなくありません。

それから銀行送金では、その銀行にお金が反映されるまで時間が掛かります。

どれくらい掛かるかは一概には言えませんが、すぐに取引を開始したい場合はこのタイムラグが気になるかもしれません。

以上が、is6comで初心者の人が失敗しやすい基本的な事項です。

まだまだキャンペーンが目白押しで登録記念金が受け取れることもあるので、一先ずそういったボーナスだけで挑戦してみるのもいいでしょう。

実際のFXトレードには慣れや読みも必要ですから、少ない金額でコツコツと感じを掴んでいってください。