海外FXの成功者たちが持つ法則とは

海外FXで大金を稼ぐことができた成功者は実際にいますが、何となく適当にはじめてしまい、一気に何十万円もの資本金を失ってしまったという人がいるのも事実です。

海外FXでかなりの利益を上げているトレーダーは意外にも多く、その成功者たちの多くは成功のための法則を知っているといえるでしょう。

海外FXの成功者たちが持つ法則として、まず第一に挙げられることは、スキャルピングやデイトレードで、日々細かな利益を積み重ねているということです。

自分自身の性格やトレード環境によって、短期がよいのかそれとも長期がよいのか、またどのスタイルが最も合うのかはそれぞれ異なります。

しかし成功者の多くは少ない元金で大きなリターンを狙うケースが多く、多くのチャンスをつかむためにも、スキャルピングやデイトレードなどを利用して日々細かな利益を積み重ねている傾向があります。

チャンスが多ければトレード回数も増えることで、必然的にリスクが伴うことにもなるので、リスク管理についてはより重要になる必要があるでしょう。

また二つ目の法則として、トータルでの勝ちにこだわるということが挙げられます。

海外FXに限らず、投資を行う場合には当然のことながら勝率が大事といえますが、それと同じくらい大切なものとして、損切りの考えが挙げられます。

必ず損切りを行い、損を小さく管理することによって、勝率が低い場合でも結果としてはトータルで利益が出るようなトレードを行っているのです。

そしてリスク管理を徹底することも法則の一つと言えるでしょう。

海外FXを利用する場合に、最大のリスクとしてあげられることは、強制ロスカットを作動させてしまうことです。

多くの人がこれにより、大切な資金を失い、あきらめてしまうというケースに追い込まれます。

成功者たちにとっても、強制ロスカットは一番避けたいリスクです。

そのため必ず損切りを入れ、ポジションを週末まで持ち越さないこと、レバレッジを低く設定する、少ないロット数でトレードするなどのことを徹底しています。

特に損切りは自らお金を失うことを確定させる作業なので、心理的には難しいのが実情です。

しかし自分なりのトレードルールを持つことが重要と言えるでしょう。

またレバレッジが高ければ、少しレートがマイナスに動いただけでも大きな損失となってしまうので、安定的に勝ち続けるためにも、2、3倍程度とレバレッジは低めに設定することが大切です。