海外FXの必勝法

海外FXの必勝法の1つは同一口座内で損失を防ぐために両立てをすることにあります。

これはロスカット対策に有効な方法であり、ほとんどの海外FX業者が許容しています。

1つの口座内で1つの通貨ペアに対して、買いポジションと売りポジションを保有するのが特徴です。

例えば1ドル105円で買いポジションを保有した際に、予想外の下がり方をしたとします。

その場合には予めロスカット設定を100円程度にしておき、売り注文を行います。

こうすることによって損失を減らすことが大切です。

当てるべきところをしっかりと当てて、損失を減らすことが出来れば必然的に利益を増やすことが可能になります。

必勝法というと当て方ばかり気にしてしまう方も多いですが、損失を減らせる手段を準備しておくことも重要と言えるでしょう。

入金ボーナスを利用した儲け方を活用することも有効です。

海外FXの中には入金ボーナスを用意しているところもあります。

ボーナスの内容は業者によって異なりますが、中には入金ボーナス100%に設定しているというところまであるので、上手く活用すれば大きな得をすることが出来ます。

入金ボーナスは確実性が高い要素なので、儲け方を考える上で必須ともいえるでしょう。

スワップポイント狙いで両立てすることも有効な手段の1つです。

スワップポイントとは、通貨の金利が異なることによって発生する金利差調整分を言います。

スワップポイントはポジションを保有した状態を維持することにより、毎日一定額が口座に反映されます。

買いポジションがプラスであれば、売りポジションがマイナスになります。

同一口座内で両建てをすることで、スワップポイントをプラスに出来るというテクニックもあります。

両建てスワップがプラスになる通貨ペアのポジションを長期的に保有して、利益を貯めていく手法をアービトラージと言います。

取引があまり上手くいかない場合でも、アービトラージを成功させることで利益を出すことも可能です。

経済指標発表に注目することも必勝法において重要となります。

経済指標発表とはアメリカの雇用統計や欧州中央銀行政策金利発表、中古住宅販売件数などのことを指します。

これらの指標を参考にすると為替レートの変動を予想することが出来ます。

それゆえにFX取引を行っている方は、経済指標発表について着目しておく必要があります。

消費者物価指数を見ることで景気の変動を予想することも出来ます。