海外FXが動く時間

海外FXでは、為替市場がよく動く時間帯を選ぶことによって、効率よくトレードすることになります。

土日を除いた24時間取引きができるのが海外FXの大きな特徴の一つと言えるでしょう。

いつでもトレードすることで必ずもうけが出るというわけではありませんが、動く時間帯を選ぶことによってもうけが出やすくなります。

相場の動きは一様ではなく、もうかる場面があれば、そうでない時もあることが理由です。

FXでもうけが出やすい場面としては、値動きが活発な時が挙げられます。

その時間帯を狙い効率よくトレードする必要があるということです。

これは、トレードスタイルにかかわらず、すべてのタイプのトレーダーに共通して言えることであり、その指標を見極めることが重要です。

そもそも世界中の為替市場の動きとしては、ニュージーランド、オーストラリア、東京、香港、シンガポールの順番で市場が開いていきます。

日本時間の夕方にかけ、フランクフルトやロンドンなどのヨーロッパ市場もオープンして、最終的には北米のニューヨーク市場が、日本時間で表すと9時ごろから早朝にかけて、オープンすることになるでしょう。

為替相場が活発に動く時間は、主要取引き市場が始まる時と言えます。

そして特に活発に動くのは始まる時間帯と終了する時間となります。

始まりと終わりの時間帯で活発となる理由としては、インターバンク市場においてディーラーたちがポジションを仕込んだり、解消を行うタイミングにあたっているからです。

具体的な指標としては、ニューヨーク市場が終わる5時ごろから東京市場が始まる7時ごろまで、東京市場からヨーロッパ市場にかけての16時から18時ごろ、ニューヨーク市場が開始する21時ごろから24時ごろとなります。

これらの時間帯は比較的よく動く時間帯にあたるので、この時間帯にはしっかりと動きたいところです。

また東京の仲値が決まる10時直前やロンドン、フィキシングタイムの25時、東京市場での為替オプションのカットオフタイムにあたる15時、ニューヨーク市場の為替オプションのカットオフタイムにあたる24時なども値動きが活発になるケースが見られます。

またこれらの中でも最も活発になりやすいのが、アメリカの経済指標が発表される時間帯です。

雇用統計などといった重要な経済指標が発表される22時や23時、中央銀行による政策決定会合の発表が行われるなどの重要なイベントの時には活発になりやすくなります。