海外FX「is6com」の特徴

海外FXの業者の中にis6comと呼ばれているところがあります。

その特徴を見ていくと、まず注目するべき内容の一つがレバレッジ倍率です。
日本のFXでは、最大25倍までしかレバレッジを設定することができません。
それ以上は法律違反になってしまいます。
ところが、is6comは最大で1000倍のレバレッジを設定することが可能になります。
これにより、それほどたくさんお金を投資していなくても、大きな儲けにつながる可能性があるでしょう。
この点、たくさん儲けることができるとすれば、投資している方向と逆側に相場が動いた場合、大きな損失をこうむる可能性があるので、リスクが大きいのではと考える人もいます。しかし、追証がないため借金を背負うようなことはないでしょう。

追証とは、預金口座に振り込まれている金額以上の損失が出た場合でも、預金口座に振り込まれている額以外にも支払わなければならないことを意味しています。
ですが、is6comでは追証が存在しないため預金口座のお金がすべてなくなった段階でどれだけ損失が出たとしてもそれ以上支払う必要はありません。
そのため、レバレッジが大きいからといって借金をするリスクはまずないといってよいです。ちなみに、日本のFX業者は追証があることを知っておきましょう。

両建てが可能となっており、買いと売りの両方を同時に行うことが可能になります。
これにより、リスクを分散することができるため安全な投資が可能になるでしょう。

口座開設をすると、ボーナスが入ってくるのも特徴の一つになります。

口座開設をするだけで、\5000から\30000の間でボーナスをもらうことができます。
それに加えて、100パーセント入金ボーナスキャンペーンや、場合によっては200パーセントのボーナスを入金時にもらうことができます。
このように、投資をスタートするときには様々なメリットがあります。
ただ、ボーナス自体は出金することはできません。
例えば、最初からすぐに辞めるつもりで登録をして入金をし、必要なボーナスをもらってから全額を出金してやめることはできません。
利益が出た場合は、その利益分だけ出金をすることが可能になります。

メリットの大きいis6comですが、実際にこの業者を選んでFXを始める場合には日本語サポートを受けることができるか気になる人もいるはずです。
この点に関しては、WEBサイトも完全日本語に対応していますので、言葉が分からずに困るようなことはありません。
サポートに関しても、日本人が電話やメールで答えてくれますので、外国語を知らなくても問題ないといえるでしょう。

逆に、気をつけておきたい点はスプレッドがほかの海外のFX業者に比べるとやや広いことです。
ただ、日本時間の金曜日の夜に行われる指標発表の時間帯にトレードしなければ特にスプレッドが広くても問題ないといえます。
通常スプレッドが大きく広がるのは指標発表の時間になりますので、あえてその時間をはずしてトレードをしてみるのがよいです。

実際にis6comに入会しトレードをしてみたいと考えるならば、まず口座開設からスタートをする必要があります。
口座開設をする場合には、公式サイトにアクセスして生年月日や住んでいる場所、そして名前などを記入しましょう。
メールアドレスとパスワードも同時に記入することが必要です。

口座には2種類あり、一つがマイクロ口座と呼ばれるものになります。
これは、ボーナスキャンペーンに対応しておらず、次に紹介するスタンダード口座に比べてもスプレッドは広く設定されています。

スタンダード口座は、ボーナスキャンペーンに対応しており、マイクロ口座に比べてもスプレッドが狭い点は大きな特徴です。
どちらか自分の好きな方を選んだら、「口座開設を申請する」のところをクリックします。後は、登録したメールアドレスにis6comからメールが届きます。
そこの中で、「メールアドレスを認証する」をクリックすることで口座発行のお知らせメールが手元に届くようになるでしょう。

最近は、日本のFXでも身分証明書や住所確認書を必要としています。
もしこれから本格的にFXに参加したいならば、事前に住所確認書と身分証明書を用意しておくことが必要です。

ちなみに、ここで言う身分証明書とは、運転免許証やパスポートなどを意味しています。
住所確認書は、住所証明書や公共料金の領収書などを意味し、これらがあれば住所を証明することが可能になります。
口座開設にかかる時間は、最短で5分になります。平均的な数値で言えば、10分前後と考えておけば間違いありません。

口座開設した後は、デモ口座を同時に開設する人が多いです。
デモ口座とは、実際にお金を投資しないけども、一度投資の雰囲気を味わいたい人にとっては魅力的な仕組みです。

基本的な相場の動きを知りたい場合には、デモ口座を利用してまず自分なりの投資の仕方を学んでおくことも重要になります。