戦略は両建てがオススメ

FX取引を国内で行う場合には、個人の取引ではレバレッジに最高25倍の制限があります。

これに対して海外FXでは国内の法規制が適用されないので、100倍から3000倍もの高率のレバレッジが可能なので大儲けをするチャンスが広がっています。

この点FX取引では予想外の方向に為替相場が振れると、損失が広がり追加証拠金の支払いが必要になる場合があるのでリスクが高いと意識されてます。

これ言引き換え海外FXでは追加証拠金支払いを求められることは無く、証拠金以上の損失は事業者が負担する仕組みが取られています。

追加証拠金の支払いが不要と言うのは取引を利用するにあたり、大きなメリットですが損失を抑えながら大きな収益を目指す上で重要な戦略は両建てを実践することにあるのです。

両建てとはロング(買い)とショ―ト(売り)のポジションを同時に保有することです。

相場がどちらかに触れれば利益と損失が相殺されるのでプラマイゼロになると考えるかもしれません。

しかしここに海外FXの特徴である、ロストカットする代わりに追加証拠金不要と言うシステムがメリットを発揮します。

ここで重要なのは二社で取引口座を開設することにあります。

具体例をあげると、円ドル100円の状況で10万円のロング・10万円のショートのポジションを保有した事例を想定します。

仮に相場が急激に円安に振れて110円になった場合、一方では100万円のプラス・他方では100万円のマイナスになります。

ショ―トではロストカットされますがそれ以上の現金支払いは不要なので10万円が損失に確定します。

他方でロングポジションでは100万円のプラスになるので差し引きでみると90万円の収益があがったことになります。

ここに両建てすることの最大限のメリットがあるわけです。

先ほどの事例では逆に10円の円高に振れた時でも総額では同様の収益を確保することが出来ます。

しかしこの戦略もすべての場合に妥当するわけではなく、為替相場がいずれかの方向に急激に向かうことが前提条件になっているのは注意を要します。

例えば為替相場が乱高下するような状況では、ヒゲがわずかでも瞬時に大きく変動するとどちらのポジションもロストカットされる可能性があるからです。

この事実は海外FXの戦略で両建てを実践し収益を挙げるには、為替相場が一直線の動きを的確に予見するタイミングを逸しないことが非常に重要になってくることを意味します。

重要な経済指標などに敏感になり、頃合いを見計らうことがポイントです。