儲ける勝ち方

海外FXを行う場合、ただ闇雲に行っていても勝てません。

しっかりと勝ち続け利益を得ていく為には、勝ち方を身につける必要があります。

では具体的に海外FXで儲ける勝ち方とはどのようなものかというと、色々あるので詳しく見ていきましょう。

まずテクニカルの知識を身につけるという点です。

海外FXで安定的に勝ち続けるには、今までの相場の流れをきちんと把握しておく必要があります。

何故なら値動きのパターンが分からないと、今後どうなっていくかを予測する事すら出来ないからです。

その為にはテクニカル分析と呼ばれる、過去の値動きや時間等から将来の価格や相場動向を分析し、予測出来る知識が必要です。

特にFXをやっていると、相場が大きく動いたり色々な情報が入ってきて混乱してしまい、何をやってよいか分からなくなる事もあります。

そんな時にテクニカルの知識があれば、惑わされる事なくひとつの方向に向かっていく事が出来ます。

また勝率を上げていくには、ファンダメンタルの知識を身につけるというのも儲ける為には必要です。

ファンダメンタルとは、経済全体の情報を集めて分析し、今後の相場の予測を行う方法の事です。

具体的にどういったものか例を挙げてみると、GDPや失業率、消費者物価指数等の経済指標や、総理大臣や財務大臣等のコメントもチェックします。

これらをチェックし、総合的に分析を行う事で、為替市場の大きな流れを読む事が可能です。

他にも取引手法を上手く使い分けていくというのも重要です。

FX取引といっても色々な手法があり、相場やトレード期間に合ったものはそれぞれ異なります。

例えばスキャルピングという注文から決済までわずか数秒から数十秒で行われる超短期取引は、瞬間的に状況を判断する能力が必要な為、上級者向けではありますが、短期間で稼ぎたい人にはおすすめです。

注文から決済まで数十分から数時間で行うデイトレという短期取引もあります。

これはスキャルピングよりは時間はかかりますが、ポジションを翌日に持ち越す事はない為、リスクも比較的小さく海外FXに慣れてきた中級者向けです。

それからスイングトレードというものもあります。

これは注文から決済まで数日から数週間かかる取引で、比較的注文時に戦略を練る事が出来る為、時間がない人におすすめです。

このように取引方法は色々とあるので、これらをマスターしておけば、より勝率を高める事が出来ます。

とにかく海外FXで勝つには、基本をマスターしておくという事が何より重要です。

その上でレバレッジを使い分けたり、損切りのロスカットルールを徹底したり応用技術を使う事で、より勝率は上がり儲ける事が出来ます。