スキャルピングに向いていない人はどんな人?

FXの手法の一つである

スキャルピングは特殊な手法です。

スキャルピングはお勧め出来る人とお勧め出来ない人がいます。

もっとも、これは何もスキャルピングに限った事では無く、スイングトレードやデイトレードなど、他のトレード手法にも当てはまってくる事ですが、それぞれのトレード手法にも適している人、いない人がいるのです。

今回の記事は、FXスキャルピング手法をお勧め出来ない人について説明します。

この事を分かっていないと、いくら短時間でトレードが完結できるスキャルピングとはいえ

短時間で損失を出し続けてしまう可能性がありますので注意が必要になります。

 

スキャルピングがお勧め出来ない人とはどういった人でしょうか

■一瞬の素早い判断が苦手という人

これは、当然ですがスキャルピング手法をお勧め出来る方とは真逆になります。スキャルピングは短時間勝負なので、効率良く脳みそを働かせて利益確定や損切りの判断を素早く行わないと、瞬く間に損失が拡大してしまう可能性が高くなります。

また、実際にエントリーポイントや決済ポイントが来たにも関わらず、エントリーしたいけど負けたらどうしよう、決済ポイントだけどまだ上がる(下がる)かも知れないので決済しないでおこなどと、売買ポイントでの迷いはその後のトレード結果に大きな影響を及ぼします。

ですので、為替レートが決められた売買ポイントに来たら迷わずエントリーする事が出来ないという人には、スキャルピング手法はお勧め出来ません。

■為替相場に対して集中する事が出来ない人

スキャルピング手法では、小刻みに動く(または大きく動く)為替相場から為替差益を稼ぐために、狙いを定めてトレードする必要がありますので、短時間でもかなり高い集中力が必要になります。

この集中力は、エントリー中はもちろんですが、エントリー前にもある程度集中していないとトレードチャンスを逃す可能性がありますので、集中するのが苦手という人にはお勧め出来ません。

■素早いパソコン操作(主にマウス操作)が出来ない人

スキャルピングは短時間でトレードを繰り返しますので、短時間で売買注文を行う度にパソコン操作が必要になります。という事は、パソコン操作に慣れていないと変な箇所で注文したり注文操作自体に遅れが出たりして、損失を出してしまう可能性があります。

せっかくトレードチャンスが来たにも関わらず、パソコン操作が苦手なせいでチャンスを逃した、または損失を出してしまったなんて事になったら悔やんでも悔やみきれません。ですので、スキャルピング手法では、短時間での的確なパソコン操作が求められます。

■取引通貨によっても変わってくる

ボラティリティが大きい通貨の場合は大きく動く局面が多くその瞬間にスキャルピングする手法があります。

また、レンジが続く通貨などはスキャルピングは向かない通貨といえるでしょう。

自身が取引する通貨をしっかりと決めてから手法を決めたほうが良いと思いますしスキャルピングに適した通貨がありますので試してみてください。

■ずっと相場を見続けられる人

為替相場に集中することができる人というところでもあるように、スキャルピングはずっと相場を見ていたほうがより多くのエントリーをする必要があります。さらに、スキャルピングは集中力を要しますし画面にずっと張り付いてられる人にお勧めします。

しかし、相場が大きく動くタイミングがあります。それはそれぞれの相場が開く時間と要人が発言するタイミングと雇用統計などのイベントがある時間です。

東京時間・欧州時間・英時間・米国時間など相場が開く時間は特に注目をしてみていればスキャルピングができるかなと思います。

そういったタイミングを見図ってスキャルピングはすることができるので試してみてください。

今回はスキャルピングに向かない人を紹介しましたが、スキャルピングはしっかりと相場をみてエントリーのタイミングを計るのが難しいというお話をしました。

スキャルピングをするためには大きなロットを賭けたほうがより多くの儲けを得ることができますので、海外口座を持って1000倍のレバレッジをかけるのが定石です。

小さな資金で大きな利益を得ることができるのが海外口座です。

今回記事を読んでいただいたのはなんかのご縁だと思いますのでis6comへの登録お願いします。